見た目だけではない塗装の役割

塗装は建物の外観の美しさを保つためだけでなく、紫外線や雨風から建物を守る大切な役目があります。ただし塗装の効果は時間が経過するにつれて劣化が進み、建物を守る役目を果たせなくなってきます。塗装の劣化が進みすぎる前の適正な時期に塗り替えを行うことで建物の寿命をより長く保つことができます。

こんな症状ありませんか?

建物にこんな症状が出てたら要注意。塗装膜の劣化が進んでいるサインです。まずは症状を把握すべく、専門業者に調査をご依頼ください。私たちスエヒロ工業は数多くの経験とこれまで培ってきた知識から、状況を正確に把握して適切な対処方法のご提案を致します。

壁に触れるとチョークのような粉がつく(チョーキング)

壁面にひび割れが

ところどころ塗装がはがれ落ちている

鉄部の錆を放置すると腐蝕が進み、部材の交換が必要に

塗り替え時期の目安

建物の状態にもよりますが、一般的に塗り替え時期の目安としては5年から10年と言われています。建物は一日で劣化が進むものではありません。少しずつ劣化が進むにつれて、チョーキングやひび割れなどのサインを出しています。この危険サインを見逃さずに対処を施すことが、建物の寿命を守ることにもつながります。